« ダメ出し | トップページ | やっと10章 »

2010.02.17

批判社会

0101


大学生スノボー選手の服装の乱れが問題となっている。


なんだ、このDQNは?ww
と最初は思ったけど、スノボー選手は個性的なファッションをする連中だし、オリンピックを愚弄する意図もない。パンクバンドにスーツをきちっと着ろと言うようなものではないか...いや、それは違うか。


だが、自由な世界にいない社会人、サラリーマン気質の大人には、それが許せないのも事実。決まって「社会に出てから」どーのこーのと言う。


正直、あんた達サラリーマンの業界の常識で見るなと言いたくなるが、個人的にはスポーツマンはきちんとした服装であるべきなんじゃないの?と思う。


なにより、その後の会見での態度はさすがに違うだろう。
その点は批判されても仕方がなかった。結局この会見の態度で、服装の乱れ=やはり人間性に問題がある奴だったとなるわけで。


どうも今の日本は様々な分野で人と人との批判の応酬が多く起きている気がする。考え方の違いからくる対立というか。。


横綱・朝青龍が引退をした件。
NHKの番組で「朝青龍に日本の社会はどう映っていたのか」という問いかけに対し、「日本の社会は民主主義と言いながら、意外と社会主義かなと思う」と答えていた。


実に的を得ていると思う。
朝青龍の場合、自由の意味をはき違えているので「全体主義」が最も近いかな?


今回の騒動でも、そんな全体主義的な日本の現実を感じた。
まずは一方通行な思考から脱却することが重要なのではないだろうか。

« ダメ出し | トップページ | やっと10章 »

Lifelog」カテゴリの記事